Topics

2020.11.16

【スポーツの仕事インタビュー第4弾!】『日本トライアスロン連合』マーケティング・事業局長 坂田洋治さんに「スポーツ競技団体の仕事」についてインタビュー

スポーツに関わる“仕事”に就く多方面かつ一流の人々の声を届けるプロジェクトSPOTRS JOBS。第4弾となる今回のテーマは、『スポーツ競技団体・事務局員 の仕事』について。


今回取り上げる競技団体は、『日本トライアスロン連合』。約50 社のパートナー サポート企業と共に、普及/マーケティングを推進するなど、近年大注目を浴びています。トライアスロンを「健康スポーツ計画」と再定義し、トライアスロン大国ニッポンを目指して短中長期計画の策定を進める競技団体の仕事に迫ります!


ゲストは、『公益社団法人日本トライアスロン連合 』 マーケティング・事業局長の坂田 洋治(さかた ようじ)さん。2012年に日本トライアスロン連合( JTU )事務局に入局以降、マーケティングや広報等を中心に、全国各地で開催される大会運営の業務に従事しておられます。躍進する競技団体のなかで中核の事業を担う坂田氏、実例とともにその戦略を伺いました*1


インタビューは、前篇・中篇・後篇の全3回でお届けします。
 ゲスト:坂田 洋治(公益社団法人日本トライアスロン連合
           マーケティング・事業局長)
 MC:DJケチャップ(スポーツDJ)

*1:プロフィール内容は取材日(2020年7月20日)時点の情報です。


<前篇動画はこちらから>
前篇のテーマは、「競技団体に求められる普及/マーケティング戦略」。
現在、約50社のパートナー/サポート企業と共に、普及/マーケティングを推進する日本トライアスロン連合。ここでは、実例とともにその戦略を伺いました。



<中篇動画はこちらから>
中篇のテーマは、「スポーツ業界が求める人財」。
現在のお仕事に就いた経緯と、求める人財について、お話しを伺いました。



<後篇動画はこちらから>
完結編となる後篇では、「スポーツ競技団体ならではの仕事のやりがい」と「仕事をする上で大切にしていること」について、お話しを伺いました。「スポーツ業界は想いを共有できる」というメッセージに込められた意味とは?




坂田 洋治(さかた ようじ): 公益社団法人日本トライアスロン連合 マーケティング・事業局長
アジアトライアスロン同盟 マーケティング委員
公益財団法人日本スポーツ協会 評議員

大学在学中、広告制作会社で企業 CM 制作とブランド立ち上げに携わる。
1997年に NTT 東日本に入社後、 NTT グループのスポーツマネジメント、サッカーやラグビーチームの
ブランディング業務をはじめとし、約15 年に渡って企業広告・宣伝業務を担当。
2012年 8 月、日本トライアスロン連合( JTU )事務局に入局。
マーケティングや広報等を中心に、全国各地で開催される大会運営の業務に従事している。


戻る