Topics

2021.05.03

【スポーツの仕事インタビュー第7弾!】『(一社)センターポール』代表理事 田中時宗さんに「パラスポーツの仕事」についてインタビュー

スポーツに関わる“仕事”に就く
多方面かつ一流の人々の声を届けるプロジェクトSPOTRS JOBSは、
今回から音声コンテンツに形を変えお送りいたします。

リニューアルとなる初回は多様性を認め合う「ダイバーシティ・インクルージョン」など社会課題のチカラとしても大注目、パラアスリート「だからこそ」の魅力がたっぷりの「パラスポーツ」の仕事を紹介します。

ゲストは一般社団法人センターポール代表理事田中時宗さんです。
会社勤務を経て独立後、障がい者スポーツとの出逢いをきっかけに、「パラスポーツを通じて障害理解を広げ、深める」ことをミッションとして一般社団法人センターポールを設立。

パラアスリートが自ら「発信」していくことを重視して、選手の支援とマネジメント、パラスポーツの普及活動にも取り組んでおられます。

前篇後篇の2回に分けて音声コンテンツでお楽しみください!

ゲスト:田中時宗(一般社団法人センターポール 代表理事)
MC:DJケチャップ(スポーツDJ)

<前篇はこちらから>

<後篇はこちらから>



田中 時宗: 一般社団法人センターポール 代表理事
北海道札幌市出身。高校・大学時代はアルペンスキーの選手として活動。
大学卒業後、会社勤務を経て独立。当初は、一般のスポーツ選手を支援する会社だったが、障がい者スポーツとの出逢いをきっかけに、
新たに一般社団法人センターポールを設立。パラアスリートが自ら「発信」していくことを重視して、選手の支援とマネジメント、
パラスポーツの普及活動にも取り組んでいる。
また2020年からは車いすスポーツクラス、CPアダプティブスポーツクラスを開設し、毎週障がいを持つジュニアに対してスポーツの機会を提供している。

戻る