マーケティング

実績

競技団体・協会マーケティングの企画実施

    
  • 日本女子サッカーリーグ

    <なでしこリーグ新人セミナー>
    女子アスリートとして、一社会人として自立と自覚を促し、清い心構えや振る舞いを身につけることを目的に、日本女子サッカーリーグが主催し、2012年に第1回を開催。メディアトレーニングなど、多岐に渡るプログラムを実施。

    スポーツビズが、企画・制作・運営を担当。


    <plenusなでしこLEAGUE/plenusチャレンジLEAGUE表彰式>
    同年開催されたワールドカップの優勝をきっかけに、一躍人気を獲た女子サッカー。社会現象とも言える注目の高まりを受けて、パーティー形式の華やかな表彰式が行われ、これまでにない数の報道陣によりその様子が伝えられた。
    スポーツビズは、この制作・運営を担当。

  • 日本女子プロゴルフ協会(LPGA)

    <全日本小学生ゴルフトーナメント>
    全国の地区予選を突破した小学生ゴルファーが日本一を競う最大規模のジュニア大会。競技の普及・活性はもちろん、青少年の健全な育成を目的に、日本女子プロゴルフ協会が主催する。

    2009年、第4回大会よりスポーツビズが大会マーケティングと大会放映のコーディネートを担当。

  • 日本フェンシング協会(FJE)

    <GOLD DREAM PROJECT 2012>

    2012年ロンドンオリンピックに向けた、フェンシング日本代表選手のサポートプロジェクト。「金メダル2個、銅メダル3個」獲得の実現を目指して、個人・企業向けのサポートプログラムを立案。オリジナルサポーターグッズを製作。 (2010年~2012年)


    <高円宮牌 フェンシングワールドカップ男子フルーレ グランプリ大会>

    日本における競技の認知度を引き上げるきっかけとなった北京五輪。暗転した会場に、印象的に浮かび上がるピストを再現するなど、出場することのステータスと、観る面白さを最大限に引き出す演出を凝らし、さらなる競技普及を目指す。日本で唯一の国際大会。

    スポーツビズは2009年・2010年大会のスポンサーマーケティング、演出、番組化を担当。

  • 全日本スキー連盟(SAJ)

    < SAJマーケティングプログラム>

    財団法人全日本スキー連盟の選手強化マーケティング事業「Go for the Gold」の専任代理事務局として、ナショナルチームへのスポンサープログラムはもとより、新規構築されたナショナルチーム選手の選手肖像マーケティングプログラムのセールス・管理を担当。(2006年~2010年)


     <全日本スキー技術選手権大会>

    通称「技術選」は、スキー種目の枠を超えた滑走技術の頂点を決める大会。1964年に初開催され、その歴史とともに、技術に自信のあるスキーヤーにとっては指導者やトップ選手と同じ舞台で競える魅力があり、多くの参戦者数を誇る。

    大会の盛り上がりと大衆化を目的に、スポーツビズが大会演出を担当。

PAGETOP