News Release

ワールドグランプリ予選東京ラウンド[2005.06.28]

6月24日(金)に開幕したワールドグランプリ予選東京ラウンドですが
全日本キャプテン竹下選手の、世界一のトスワークで、
ポーランド・韓国に連勝(共にセット数3-0)した日本でしたが、
世界ランク2位のブラジルには2セット先取するものの、
その後第3、4セットを失いながらフルセットのマッチポイントを取りながらも逆転され、
惜しくも敗戦してしまいました。しかしながら、今後の韓国ラウンド・タイラウンド、
そして7月13日~18日仙台で行なわれる決勝ラウンドに繋がる
素晴らしい試合を展開しました。
竹下選手も試合後はかなり悔しい表情を見せていましたが、
今後の試合に向け早くも気持ちを切り替えていました。
また、この3連戦を含め、仙台の決勝ラウンドでも、プロとして『竹下シート』を設け
各試合4名づつ招待する活動も行なっております。

PAGETOP