News Release

上村愛子・伊藤みき両選手WC好発進!! [2007.12.14]

2007年12月13日フランスティーニュで開催された、FISワールドカップ第1戦で、上村愛子選手が2位、伊藤みき選手が4位という結果でシーズンの開幕戦を好成績でスタートしました。

■上村選手コメント
「昨シーズンは怪我により出場の試合数が減っていたために、久々の試合で緊張しました。
今日は、今自分が出来ることを確かめながら望みましたが、膝の怪我を再発しないように筋力トレーニングを増やした成果か、ターンが安定しスピードも出すことが出来安定した滑りが出来ました。
エアーは、第1エアーがコーク720、第2エアーがバックフリックを行い、まだまだミスはありましたが転倒などの大きな失敗はありませんでした。
今回の2位という結果は、オフシーズン中に時間をかけてトレーニングしてきた成果だと思いますので、
この成績に甘んじず、トレーニングに励みミスの少ない滑りが出来るように頑張ります。
今回の2位は本当に嬉しい結果となりました。

■伊藤選手コメント
予選10位からの決勝4位という結果で、本当に嬉しい結果となりました。
この試合では、予選でミスをし何とか10位という結果で決勝に残れましたが、今シーズンから順位にこだわり結果を求めているので、予選後も自分の最高の滑りが出来るように、気持ちをうまく切り替える事が出来ました。
滑り自体は、自分が求めている滑りからはまだ足りない課題がたくさんあるので、トレーニングを積み、課題がひとつづつ克服できるように頑張ります。
シーズンの初戦で過去最高位の4位という成績を残せたことは自信になりましたので、今シーズン更に上にいけるように頑張ります。




PAGETOP