News Release

バレーボール ワールドカップ第10戦 [2007.11.16]

2007FIVBワールドカップ 日本は昨日の結果で6勝4敗となり、今大会4位以下が確定、北京五輪の切符には手が届かなかった

全日本キャプテンの竹下選手は「課題を克服し明日はベストを尽くす」と、解説で応援する寺廻監督(JTマーヴェラス)、吉原知子氏は各々の立場で「これからが勝負」と口を揃えていた。今日は今大会最終相手のブラジル戦だが、竹下選手・寺廻監督・吉原氏らは各々の立場で健闘を誓い合っていた。

写真は試合後のインタビューに応える竹下選手、解説中の寺廻監督

試合後のインタビューに応える竹下選手
試合後のインタビューに応える竹下選手
PAGETOP