News Release

JTマーヴェラス準優勝でシーズン終了!![2007.04.16]

4月15日(日)埼玉スーパーアリーナでVプレミアリーグ優勝決定戦(JTマーヴェラス対久光製薬スプリングス戦)が行われました。
第1セットは、昨年準優勝に終わった久光製薬がプレッシャーの影響もあったのか、ミスを連発しJTマーヴェラスが25-22で取り、第2・3セット本来の動きを取り戻した久光製薬が共に25-21で取りました。第4セット後がなくなったJTは、外国人ケニーを中心としたリーグNo1を誇る攻撃陣が奮起し25-22と取り返した、そして、最終セットの第5セット久光製薬の安定したレシーブと巧みな攻撃にJTは力尽き11-15と敗退となりました。

JTマーヴェラスは今シーズン寺廻監督就任2年目で創部以来最高順位となる準優勝に終わり、3年目を迎える来シーズンへ向け竹下選手を中心に、悲願の初優勝を目指します。



PAGETOP