News Release

ストップ温暖化 荻原氏、皆川選手、上村選手が環境大臣訪問[2007.03.19]

3月19日、例年以上に深刻な雪不足を深刻な問題と捉え、荻原健司参議院議員とアルペンの皆川賢太郎選手、モーグルの上村愛子選手が若林環境大臣を表敬訪問し、地球温暖化によるスキーの現状を訴えました。

皆川選手は「ここ10年、練習する標高が年々上がっており、温暖化の影響を実感している。」とコメントし、上村選手は「いつか雪って何だろうと思う子供達が出てきたらどうしよう」と訴えた。

全日本スキー連盟(SAJ)では今年から、「ストップ温暖化」のロゴ入りパネルやゼッケンを大会で使用するなど、PR活動を推進している。

PAGETOP