News Release

小谷実可子氏、マネジメント契約締結[2006.04.29]

スポーツビズはこのたび、小谷実可子氏とマネジメント契約を結ぶこととなりました。
 小谷氏は長くシンクロナイズドスイミングのトップ選手として活躍。ソウル五輪では、ソロとデュエットで銅メダルを獲得。夏のオリンピックでは女性初の旗手も務めました。
 1992年に現役引退後は、日本オリンピック委員会(JOC)広報委員などを歴任。現在は、アジア・オリンピック評議会アスリート委員会委員長、JOC国際専門委員会委員などの要職でスポーツ振興に力を注いでいます。
 1993年より神奈川県大磯でアーティスィックシンクロ指導を続けるとともに、テレビのスポーツイベント解説者、執筆などでも幅広く活動しています。

PAGETOP