News Release

W杯第4戦結果[2006.01.14]

現地時間1月13日ディアバレー(アメリカ)で行なわれました。W杯第4戦、上村選手は残念ながら10位という結果となりました。
決勝16人中、2人がコースアウト、8人がバランスを崩すなど非常に長いこのコースで、各選手苦戦する中、上村選手は、第2エアーの着地後からバランスを崩し、決勝進出16人中、10位という結果となりました。
しかしながら、第2エアーの着地でミスをしたのにも関わらず、エアー点は16人中6位、タイムは16人中堂々の1位という結果を残し、本人も「第2エアーまでは、非常に気持ちよく滑ることが出来、第2エアー後もう少し頑張れば表彰台に上がれました残念です。しかし非常に満足した滑りが出来ました」と、この難コースで納得のいく滑りが出来たようです。

今後は、明後日にソルトレイクシティーからレイクプラシッド(アメリカ)へ移動し、20・22日と続くW杯第5戦、6戦と表彰台を目指して戦いが続いていきます。

PAGETOP