News Release

BIZLOG #08 スポーツビズ、サポートの充実化[2010.02.08]

本日、現地バンクーバーでは、日本代表選手団の先陣をきってフリースタイルスキーモーグルチームの記者会見が行われました。わくわくした顔、リラックスした顔・・・などなど表情はそれぞれでしたが、選手は皆順調に本番に向けて調整を進めているようです。
記者会見中、選手への質問で最も多かったのが「選手村」と「雪不足」についてでした。選手村については、初出場・連続出場とそれぞれながら、皆一様に満足しているそう。附田雄剛選手(チームリステル)はなんでも、選手村入村第1号だったのだとか。また、雪不足で心配されていたコースについても先日無事完成し、選手らはこの環境の中でも無事大会に臨むことができることに感謝の意を示していました。

五輪という大舞台の裏側に、多くの人の支えがあることはいうまでもありませんが、私達スポーツビズも、何とかして選手達の力となれるように早くから活動してきました。主に、選手のご家族やスポンサー、関係者らの宿泊・観戦・エアーなどのチケットの手配やコーディネートを受託、安心して五輪期間を過ごしていただけるサービスを提供してきました。
私達が選手と直接関わる中だけでなく、選手に派生する広い範囲でサポートし、より選手のパフォーマンス向上や環境の改善につながるよう、始動したものです。
また1月末より、バンクーバーで現地拠点「スポーツビズハウス」を開設し、いよいよ迫る開幕に向けて受け入れ態勢も万全に整えています。
お近くにお立ち寄りの際は、是非お越しください。

会見
会見
PAGETOP