News Release

BIZLOG #02 史上最も暖かい冬季五輪[2010.02.02]

この時期のバンクーバーで“らしい”のがしとしと降る雨。「レインクーバー」とも言われるバンクーバーの雨季には雨具の準備が必須です。冬晴れの多い日本から来ると最もギャップを感じることのひとつかもしれません。
そして、さらにしっくりこないのが、ぴりっとしない寒さ。ふと気がつくと、街中とはいえコートさえ着ていない人も稀ではありません。・・・となると、冬季五輪競技の会場となる山の雪の状態が非常に心配になります。今大会は以前より「冬季五輪史上最も暖かい場所で行われる」と言われてきました。開催まで間もなく10日程度になる今も、フリースタイルスキーやスノーボードの競技が行われるサイプレスマウンテンでは雪の運び込みとコース設営が45人のチームにより24時間休みなく続けられているということです。この問題はメディアにも取り上げられ、開催を楽しみにしている人々の心配の種ではありますが、「大丈夫」というVANOCを信じて待つのみです。

さて、そんな不安もある一方、出場する選手達の準備は着実に進んでいるようです。すでに選手村に入った選手もおり、街中では時々ナショナルウエアを着た選手らしき姿もちらほら見かけるようになりました。バンクーバーで競技をする選手達が過ごす選手村(Olympic Village)はCanada LineのOlympic Village駅からW.2nd アヴェニュー沿いに徒歩2分。ちょうど開会式などが行われるB.C.プレーススタジアムと水辺をはさんで向かい合うようなかたちで位置しています。パスがないと入村することができませんが、近くに架かるCambie橋の上などから見ると全体的に見渡せ、水辺の奥にキラキラ光るサイエンスワールドと並んだ景色が非常にきれいです。

新聞 雪不足
新聞 雪不足
PAGETOP