所属アスリート・文化人ATHLETE & TALENT

  • 元女子バレーボール日本代表

    狩野 舞子

    Kano Maiko
  • Data 

    スポーツジャンル バレーボール/ウイングスパイカー
    生年月日 1988年07月15日 血液型 A型
    出身地 東京都三鷹市 出身校 八王子実践高校
    公式サイト 狩野舞子Instagram
  • 所属チーム

    PFUブルーキャッツ  

    プロフィール

    ― 人気と実力兼ね備えたマルチプレーヤー ―
    15歳で全日本代表候補に選ばれたが、成長に伴う腰痛に苦渋し、期待されたアテネ五輪代表入りは成らず。名門校のエースとして春高バレーなどで活躍し、再び注目を集める。久光製薬スプリングスに入団し、開幕戦スタメンと順調なスタートを切った。
    全日本代表で国際大会にも出場したが、2年間に左右のアキレス腱を断裂する不運に見舞われた。持病の腰痛、足の治療に専念するためチームを退団。その後、世界最高峰と言われる2大海外リーグへ挑戦し、9年越しの夢を叶えてロンドン五輪に出場した。翌シーズンからは久光製薬スプリングスに復帰しセッターに転向するも、3年後の’15年には1年間バレーボールから離れ休養。翌'16年、PFUブルーキャッツでスパイカーとして復帰し、2017/18シーズンには、Vチャレンジリーグの準優勝に大きく貢献する。2018年5月、黒鷲旗を最後に惜しまれながらも現役を引退。引退後はこれまでの経験を活かし、様々な活動を展開していく予定。

    経歴

    2007年 ◇久光製薬スプリングス(V・プレミアリーグ) 入部
    2009年 ◇全日本代表入り
    2010年

    ◇久光製薬スプリングス 退部

    ◇Riso Sccoti Pavia (イタリア1部リーグ セリエA1) 入団

    2011年

    ◇ベシクタシュ(トルコリーグ1部) 移籍

    ◇ワールドカップ 出場

    2012年

    ◇ロンドンオリンピック 出場

    ◇久光製薬スプリングス(V・プレミアリーグ) 移籍

    2014年 ◇FIVB世界クラブ女子選手権大会2014 「久光製薬スプリングス」 出場
    2015年 ◇久光製薬スプリングス 退部
    2016年 ◇PFUブルーキャッツ 入団
    2018年 ◇PFUブルーキャッツ 退団・現役引退

    主な成績

    2009年 ◇第58回黒鷲旗全日本選抜バレーボール大会 敢闘賞・ベスト6受賞
    2012年 ◇ロンドンオリンピック 銅メダル
    2013年

    ◇2012/13 V・プレミアリーグ女子「久光製薬スプリングス」 優勝

    ◇日韓Vリーグ・トップマッチ「久光製薬スプリングス」 優勝

    ◇第62回黒鷲旗全日本男女選抜バレーボール大会「久光製薬スプリングス」 優勝

    2014年

    ◇2013/14 V・プレミアリーグ女子「久光製薬スプリングス」 優勝

    ◇AVCアジアクラブ選手権 優勝

    ◇国民体育大会 準優勝

    ◇平成26年度 天皇杯・皇后杯 全日本バレーボール選手権大会「久光製薬スプリングス」 優勝

    2015年 ◇2014/15 V・プレミアリーグ女子「久光製薬スプリングス」 準優勝
    2018年 ◇2017/18 V・チャレンジリーグ女子「PFUブルーキャッツ」 準優勝

    受賞歴

    ■JOC オリンピック特別賞

    ■黒鷲旗  敢闘賞 ベスト6賞

    ■東京都 都民スポーツ大賞

    ■上月財団 上月スポーツ賞    

    メディア

    ■LION クリニカ インフォマーシャルCM(石川県版・東北版)出演

    ■Guapo!WEB版 vol.30 インタビュー 「元女子バレーボール日本代表 Maiko Kano」

    ■週プレNEWS『さらば平成』インタビュー 前編 後編

    ■BS朝日 アスリート・インフィニティ 出演

    資格

    ■アスリートフードマイスター 3級

Photo


 

Riso Sccoti Pavia

ベシクタシュ

ベシクタシュ
PAGETOP