所属現役アスリート・スポーツ文化人

  • スポーツキャスター 荻原 次晴 Ogiwara Tsugiharu
  • Data 選手データ

    スポーツジャンル スキー・ノルディック複合(1998年長野オリンピック日本代表)
    生年月日 1969年12月20日 血液型 O型
    出身地 群馬県 草津町 出身校 長野原高校→早稲田大学卒
    公式サイト 公式ブログ 【 次晴登山部 】
  • プロフィール

    ― 日本を代表するツインズアスリート ―
    双子の兄・健司とともにノルディック複合選手として頭角を現し、大学時代にナショナルチーム入りするが、先に活躍し、国際舞台でも無類の強さを見せる兄に水をあけられたかたちとなり苦悩する。一念発起し、'94年からワールドカップに参戦。世界選手権では団体金メダルを獲得する。日本を代表する選手に成長し、念願の長野五輪に出場、入賞を果たした。引退後はスポーツキャスターとしてメディアに多数出演。
    オリンピアンの代表格の1人として、ウィンタースポーツをはじめ広くスポーツの普及活性に取り組んでいる。アウトドア活動の経験から「次晴登山部」を発足。ツアーを企画し、日本百名山登頂を目指している。
     

    略歴

    1993‐1994年   全日本選手権 3位
                 ワールドカップ 初出場
    1994‐1995年   ワールドカップ通算 2位2回、入賞7回(総合4位)
                 世界選手権 個人10位、団体金メダル
    1995‐1996年   ワールドカップ通算 入賞4回
    1997‐1998年   ワールドカップ通算 入賞2回
                 長野オリンピック 個人6位入賞、団体5位入賞
                 現役引退
     

    役職

    ■JOC オリンピック・ムーブメントアンバサダー
    ■日本ノルディックフィットネス協会 アンバサダー
     

    契約/スポンサー

    ■味の素株式会社「アミノバイタル」
    ■ABCマート
     

    メディア出演

    レギュラー出演中
    【テレビ】
    ■TBS系列「ひるおび!」(毎週月~金曜日 11:00~13:52) ※隔週月曜日レギュラーコメンテーター
    (不定期放送)
    ■「BOAT RACEライブ」(不定期放送)  ※メイン司会
    ■読売テレビ「鳥人間コンテンスト」(年1回出演) ※ボートリポーター

    【ラジオ】
    ■「荻原次晴のニッポン応援団 VIVA JAPON」

    過去のレギュラー歴
    【テレビ】
    ■フジテレビ「スーパーニュース」 2000年4月~2003年3月
    ■NHK教育「レッツ フィット エアロビック」
    ■仙台放送「スポルたん」 2005年4月~2006年3月
    ■TBS「Yell」 2007年7月~2008年9月
    ■BS日テレ「アスリートLive TV」(スーパースポーツマガジン) 2003年4月~2009年3月
    ■日本テレビ「ズームイン!!SUPER」 毎週月・火曜日
    ■BSジャパン「GOLF・ダ・ヴィンチ2」 2011年4月~2011年9月
    ■フジテレビCS1「荻原次晴のスポーツブレイク」 2001年~2012年3月
    ■NHK Eテレ「趣味Do楽 誰でも歌はうまくなる!~広瀬香美のボーカル・レッスン~ 」
    ■WOWOW「NBAバスケットボール」(不定期出演)

    【ラジオ】
    ■TOKYO FM「荻原次晴の海男山男」 2001年4月~2002年3月
    ■TBSラジオ「荻原次晴のトップ・オブ・エナジー」2009年10月~2011年7月
    ■岐阜放送、高知放送、山梨放送、大分放送「荻原次晴のニッポン応援団」~2013年4月

    その他出演歴
    【テレビ】
    ■テレビ東京系列ソチオリンピック ※メインキャスター
    ■民放ラジオ リオデジャネイロオリンピック統一キャスター

    【CM/広告】
    ■ブリヂストン「BLIZZAK」
    ■味の素「アミノバイタル」
    ■トヨタ「こども店長 窓から登場(スキー)篇」
     

    事業

    次晴登山部】=荻原次晴と登る、日本100名山ツアー
    【メディアトレーニング】=アスリートに向けてのメディア対応講習
     

    その他の活動

    ■東京都 こころの東京革命「こころのチャレンジプロジェクト」 講師
     

    資格

    ■上級救命技能
     

    講演

    【演題例】
    ■次に晴れればそれでいい
    ■アスリートのためのメディアトレーニング
     

    書籍

    ■「次に晴れればそれでいい」(TOKYO FM出版)
    ■「荻原健司 栄光と苦悩」(文春ネスコ)

     

Photo


 

 

 

 
PAGETOP