SPORTS BIZ
TOP > アスリート&文化人紹介
NAME 阿波野 秀幸 / Hideyuki Awano 野球解説者
スポーツジャンル 野球
生年月日 1964年7月28日 血液型 A型
出身地 神奈川県横浜市 出身校 桜丘高〜亜細亜大学
データ 投打:左 / 左 身長:178cm 体重:75kg

横浜 桜丘高から亜細亜大学を経て、1987年、読売ジャイアンツ・大洋ホエールズとの3球団競合の末、
ドラフト1位で近鉄バファローズに入団。入団1年目から先発左腕としてローテーションを守り、最多奪三振王(201個)、新人王のタイトルを獲得。88年、伝説となる「10.19」のダブルヘッダーに連投し、惜しくも最後に同点弾を打たれ優勝を逃すという悲劇を経験。89年、最多奪三振(183個)と最多勝利(19勝)のタイトルを獲得し、悲願のリーグ優勝を果たす。その後、95年に読売ジャイアンツ、98年に横浜ベイスターズに移籍。この年、横浜では50試合に登板して初の日本一を経験。その日本一を決めた試合で勝利投手となった。2000年に現役を引退したが、ドラフトで競合した3球団全てに在籍し、更にその3球団全てで優勝を経験するという強運の持ち主である。
01年から巨人の投手コーチ、06年は横浜の投手コーチに着任。
07年からはプロ野球解説者としてはもちろん、様々な経験から他分野へも知的な視線での活躍が期待される。
現在、住友金属鹿島 野球部投手コーチとしても活動中。

■経歴
1987年 近鉄バファローズ ドラフト1位 背番号14
最多奪三振(201個)、新人王を獲得
1989年 最多勝(19勝)/ 最多奪三振(183個)を獲得し、リーグ優勝に貢献
1995年 トレードで巨人移籍 背番号28
1998年 横浜に移籍 背番号49 主に中継ぎとして50試合に登板し、日本一に貢献
2000年 現役引退
2001年 読売ジャイアンツ投手コーチ(〜03年・2軍、04〜05年・1軍)
2006年 横浜ベイスターズ投手コーチ

■主な成績
通算成績: 305試合登板 75勝68敗5セーブ 奪三振985 通算防御率 3.71
タイトル: 新人王(1987)最多勝利(1989)最多奪三振王(1987、1989年)
ベストナイン(1989)ゴールデングラブ賞(1989)
オールスター出場: 1987、1988 、1989、1990年

■主な活動
メディア出演
【TV】
・テレビ東京「neo sports」毎週土曜日23:45〜24:20、日曜日23:24〜24:00
その他野球解説
・sky・A
・J SPORTS

講演
【演題例】
・プロ野球選手の怪我対策

WEB
【スポーツナビ コラム】
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/baseball/npb/column/200802/at00016409.html


PRINT
What's New

       

       

       

       

       
BACK
PAGE TOP
HOME
個人情報保護方針 Copyright(c) 2007 SPORTS-BIZ Co.,Ltd. All right reserved